参加イベント スケジュール

2017年5月4日:東京 DollShow50初夏 浅草

2017年 1月15日:東京 DollShow48冬(池袋)

2016年 9月19日:東京 DollShow2016(池袋)

2016年 7月3日:大阪 Doll’s Myth

 

イベント販売アイテム

イベントにて販売予定のアイテムです。価格・投入数などわかり次第順次更新していきます。

呉服 大野屋 通販部

呉服 大野屋 WebShopです。

Yahoo Japan Auction

gofuku_ohnoya

イベント以外の販売の場でしたが、通販部に切り替えていけたら良いなと思っています。

復旧しました

5月30日ごろより、ページが表示されないエラー(Internal Server Error)が出ておりましたが、6月3日現在復旧しました。 ご迷惑おかけしました。

続きを読む
Z

絵羽線

製作しております着物の中には、仮絵羽を解いて製作しているものがあります。絵羽線は無理に消す処置を施すと非常に布地などを痛めることがありますので、和裁師の判断に任せてあります。絵羽線やその周辺に残る若干の擦れ汚れがある難につきましては何卒ご容赦頂けますようお願い申し上げます。

お太鼓の帯

お太鼓の帯の際の、帯紐を通す位置・帯揚げを入れる様子等は、こちらで紹介しております。

帯紐を通す位置1

帯紐を通す位置2

帯揚げの結び方

帯揚げの入れ方

しつけ糸と帯

着物や襦袢の袖・裾の縁ある大きな縫い目(細くて白い)は”しつけ糸”ですので、着用の際にハサミで切り糸を抜いて取り除いて下さい。一度にひっぱって抜こうとすると本体を痛めますのでゆっくり糸を抜いてください。
また帯の胴の前部分には前板が入っております。曲げには強い素材ですが、強く折り目を付けますと形が元に戻らなくなりますのでご注意ください。

s

本染

浴衣などの中に、本染めの反物を使用しているものがございます。本染めは、染料が布の裏まで通っております。念入りに余剰染料を落としておりますが、染色法の特徴から強く当たる部分は色移りはどうしても避けられません。また家庭でできる範囲の色止め処理はしておりますが、本染めの染料自体の特徴から完全な色止めはできません。このため、長時間の着用は避けて頂くか、下に色移り防止のためのアンダーウエア等の着用を御勧めします。

着物・浴衣などの受注生産・オーダーなどは、リクエストされた色柄の調達が非常に困難なため、申し訳ないのですが受け付けておりません。何卒ご了承ください。